蚊に刺されないように肌を守ることが大事

肌をきれいにするには虫に刺されないようにすることが必要です。
夏になると室内にも蚊が入ってくることがあり気づかないうちに血を吸われます。
蚊が肌に止っているときにパチンとしてしまえばいいと思いがちですが、一説によると蚊は肌に口を入れるとき麻酔のような液体を出すそうで、その液体が肌のかゆみになるそうです。

要するに蚊が血を吸ったから肌が腫れたりかゆみが出るのではなく、肌に蚊の口が入ったときにはもうかゆみ成分が注入されているということ。なんか納得いかないですが蚊に血を吸い上げられる前にすでに麻酔のような液体が肌に入っているということなのです。
だから血を吸われなくても肌は炎症を起こして腫れます。

蚊に刺されるとかゆくて知らず知らず手がそこに行って触ってしまいますが、それも良くありません。
触って刺激を与えることによって刺された部分が大きく腫れてしまいます。
肌をかきむしると更に最悪。

これをやると肌にシミのような色素沈着ができやすく年齢を重ねた肌にはいつまでも残りがちです。
だから夏は特に虫除けを使って蚊に刺されないような工夫が欠かせません。
虫除けスプレーはどこでも売っているので必ず持ち歩いてしっかり使いましょう。